●相手「青」のディフェンス・ポジションです。

サッカー・チームで多く見られる形です。

 

●青Aの1トップがボールを追います。

 

●先ず青Aは縦のドリブル警戒で、縦切りでポジションを取る。

●青Aが横パスのコースを切らず、縦にポジションを取っているときは、絶対にボールは奪われません。

落ち着いてボールを動かし、青Aの体力を消耗させましょう。

2,3回ボールを動かせば、足は止まるでしょう。

●足が止まった時、そのタイミングが「攻撃のスイッチオン」です。

※早く諦めさせるには、ダイレクト・パスを使うと効果的です。

●縦パスのコースを切ってもボールを奪えない事に青Aが気づき(^_^)

横パスコースを切ってボールを追うようになった時。

攻撃のスイッチオンです。

 ※攻撃のスイッチが入る前に「無駄に動く」のを注意しょう。

 

●その時注意すべき点は赤2と赤1のポジションです。

青Cと青Bのディフェンスを引きつけて、ボールを運ぶ赤3の前のスペースを空けて下さい。

赤2が下がってボールを貰おうとすると、赤3のドリブルのスペースを消してしまいます。

 

●もう一つ大切なところは「赤3と赤4」との距離です。

近いと青Aと青Dに挟まれる事になります。

サイドに大きく開いて距離をとり、注意して下さい。

 

●青Aを置き去りにして数的有利をつくれればベストです。

●青Dが下がり過ぎていれば、赤3のミドルシュートも有りでしょう。

 

攻撃例)

●青Dがドリブルに対応して前に上がる。

●赤1が空いた中央のスペースに入る。

●赤1のクサビにボールを入れる。

●赤1はボールをキープ。

 

●赤3が走り込んで。

●落としてからのシュート!

と、他いろんなパターンも練習して合わせて行く必要がありますね。