大きく開こう

●後ろの二人(青A、D)は大きく開こう。

・重要なのはリスタート時のポジショニング。

・大きく開く事によりパスコースを作る。

 

・このポジショニングだと青Aから青Dに展開しても、そこから青Cにもパスコースが空いていない。

・そこでボールをもらうために青Cは戻ってこなくては成らなくなる。

・同じように、青Aに戻しても青Bは戻らないとボールはもらえない。

・相手にラインを上げられ、スペースが無くなり、結局ウラを狙う縦パスの選択だけに、、、。

●大きく開いてみました!

・青Aからでも青Bの縦を狙えます。

・青Dに展開しても、そこから青Cへのパウコースも空いています。

・前の青C,Bは大きく動くこと無く、近いDFとの細かい駆け引きだけでボールをもらえます。

・この時の赤2のポジショニングが、青Cの動きの判断材料になります。

・赤2が絞っていれば、青Dに入った時に攻撃のスイッチがONされます。

・縦コースを防ぐには相手DFも大きく開く必要があり、スペースが広く攻撃できます。

・この形では赤2が青Dに詰めてます。

・その時は青Cは中央のスペースにサポートに入りましょう。

・縦が切られてしまった場合は、広く空いた中央のスペースを使って展開しましょう。

・青Cにボールを入れれば、青Dの縦のスペースが空き、そこも狙えます。

・ボールがある位置の反対側のDFの選手のポジショニングに注意しましょう。

・青Dに詰めているか、中央に絞っているか?

・どちらにせよ、「大きく開く」とこにより楽に展開できるはずです。