ディフェンス:ボールの奪いどころ

<フォーメーションA> descalzoは青

●基本陣形です

注目すべきは中央Bのポジションです。

前に追いすぎないよう注意して下さい。

クサビ赤2にボールが直接入らないように、赤2とのパスコースが縦軸です。

横軸は赤1、赤3のライン上が基本です。

 

Aは赤2が前を向かないよう、1mくらいに密着マークしましょう。

ボールは入れられても良いです、前を向かせない。

ワンタッチでウラを取られないよう注意して下さい。

 

C、Dは共に縦切りが基本です。

●サイドにボールが入った例です。

赤3の中央へのドリブル。

赤1へのパスコースを限定するポジションを心がけて下さい。

Bが赤1への横パスのコースを限定する事でDが安心して中に絞れます。

↓赤4が赤3のサポートに寄ってきました。

Bは赤4と赤2のパスコースが縦軸です。

Bは赤4に戻されてからの、赤2へのクサビのパスコースにポジションを取りましょう。

そしてチャンスがあれば赤3を二人で挟みボールを奪うチャンスです!

赤3からダイレクトで赤4にボールは戻る可能生もあります。

そこからダイレクトでクサビを入れてくる可能生もありますので、赤3に寄せるときは切り替えに注意して下さい。

 

併せてDも中に絞ります。

●赤4が開いてパスコースを作った例です。

先ほどと同じように赤4に戻されてダイレクトにクサビに入れらるパスコースにポジショニングしましょう。

ボールウオッチャーになって赤4のマークを失わないように注意しましょう。

Cはあくまで縦切りです。縦に行かれないよう注意して下さい。

●赤3から赤2のクサビにボールが入った例です。

ここがdescalzoのボールを奪う一つのポイントです。

その為にBが下がり気味にポジションを取ってました。

ここで2対1にしボールを奪いましょう。

Aは無理なパスカットを狙わず、Bのサポートを待つ時間を稼ぎましょう。

その方がリスクが少ないすみます。

●Bが上がりすぎた悪い例です。

これは攻撃的な布陣でもあり、得点が欲しい時はこのようなポジショニングも考えられますが、descalzoは基本的に「1対1には負ける」「相手の方が上手い」そんなチームにも戦える戦術を優先してます。

Bが前に行く事により赤3の中へのドリブルのサポートが薄くなります。

赤2が外に開き中央のスペースを空ける、そこに赤3のドリブル勝負。

そんな事もカバーリングできるようBは横ドリのコースまで下がって欲しいです。

もう1つ

 

赤1へのパスコースを消す事も重要です。

このポジショニングでは赤1へは早いパスが直接届きます。

Dが中に絞り過ぎると赤1にパスが通った時、赤1が縦に仕掛けられます。

そしてスピードに追いつけず、そのままシュート。

その為にもBは赤1へのパスコースに気を付けて下さい。

●クサビの赤2がサイドに移動した例です。

そのままAは付いて行って下さい。

その時Cは中切りに切り替えて下さい。

中央には大きなスペースが空き危険です。

Bは中央へのドリブルを注意し、またDも赤1が上がってこないようであれば、中央へのドリブルを警戒して下さい。

でもCが中切りをしっかりする事でそれも防げます。

赤2にボールが入った時にボールを奪うチャンスも生まれます。

●赤2が逆サイドに開いた例です。

今度はCは縦切りです。

先ほどより危険度大です。

よりBは下がり、中央へのドリブルを警戒して下さい。

●前が二人の例です。

この時は外に追い出すポジショニングになります。

↓赤1に入れられたらDは深く縦にドリブルされないよう付いて行きましょう。

↓ここではBが挟んでボールを奪うチャンスです。

赤4に戻すパスコースしか有りません。

間を抜けられても良いようにCはそのスペースをカバーして下さい。