キーパーのポジショニング

descalzoは守るときラインを上げてます。

そこで大きなウラのスペースが出来ます。

そこはdescalzoの弱点でもあります。

このスペースに単純にボールを入れられないように、キーパーがそこのスペースをカバーして下さい。

その為には「ゴールにへばり付いて休まない(^_^)」

●この場面は攻撃してるところですが、その時も相手ボールになった時の速攻に準備して、キーパーはポジションを上げておきましょう。

●ロングシュートだけ警戒して、なるべく前にポジションを取ります。

ゴールが小さいフットサルの場合、相手ゴール前からのロングシュートでゴールの枠を捕らえるのは難しいでしょう。

なので比較的前にポジションを取ってても大丈夫です。

目安は、ペナルティーラインと第2PKの間くらい。

このポジションならロングシュートが来ても、下がってゴールを守れるでしょう。

●相手ボールになった瞬間です!ヤバイ!

●赤1がウラに抜けてます。

●ここにボールを入れさせないようキーパーは上げときます。

●出来ればパスカットしたいですが、無理をしてウラを取られたく無いので、前を向かせない時間を稼ぎ、青Dが戻るのを待ちましょう。

 

descalzoはキーパーは専属がいません、、、、。

なので交代で素人がやりますので、無理はしないで結構です。

ケガしますからキーパーは(^_^)

自信のある方は1対1で前を向かせても守れるかも?

私は無理(^_^)